疑惑の風俗体験集
 >  > 池袋の風俗街にある業種は人妻が多い

池袋の風俗街にある業種は人妻が多い

言わずと知れた池袋の歓楽街は風俗街でもあり、風俗店だけでも200店舗前後あるといいます。店舗型風俗が4割で無店舗型風俗店が6割といった割合ではないのでしょうか。無店舗型は事務所と届出書さえあれば運営できてしまうので風俗店の中でも非常に簡易的にお店を開店できるので無店舗型風俗店が増えてきてしまったのではないでしょうか。店舗型風俗店の場合は許可書を必要とし、運営するにあたって店舗を構えなければいけません。お店の内装から外装を整備しますので、お店が運営をする前のコストが非常に多くかかってしまうのです。店舗型と無店舗型を比較すると一目瞭然ですよね。どちらがコストが掛かるかは明白です。さて、店舗型風俗店も無店舗型風俗店も多く点在している池袋ですが、どういった業種が多いのか調べてみた結果、池袋では人妻系の風俗店が多いことがわかりました。人妻系と言えば20代後半の方を対象とした店舗になり、上限はお店によりますが50代までが在籍している印象です。また50代からは熟女系と呼ばれており、長いスパンで見たら10代から60代までの方が風俗店で働くことが出来るのです。定年退職などはありまあせんが、一般的な会社と同じように長く働けるのです。そこまで長くはたらいている方はいないと思いますが、どの年代でも働けるのが風俗店の利点とも言えます。また昨今における風俗離れが懸念される中、人妻系風俗店の人気が高まっている傾向にあります。考えられる理由としては現代の30代・40代男性は現代の20代男性に比べて性に対して旺盛な印象を受けます。また40代男性の場合ですとギリギリでバブルの世代に入ります。バブル世代の方はディスコ等の夜の遊びを知っている年齢層になるので風俗で遊ぶこともよくあったのではないかと思います。その40代・30代の男性が風俗遊びをする人が増えてきて若者よりも同年代か少し年下な女性と遊びたいと思っている方が多いのではないでしょうか。現に人妻系の風俗店でのニーズの方が高いと思われます。利用する男性はやはり40代の方が多く、30代男性は若い女の子が在籍しているお店に行くことが多いようです。ですが、この30代の方がゆくゆくは40代になって人妻系の風俗に落ち着くのは安易に想像できますよね。精力も衰える時期なってくると自分よりも精力が旺盛な女性が相手だと非常に疲れますよね。お互いいい塩梅で楽しめるのが一番いい体験だと思います。池袋の風俗店ではオフィスも駅周辺になるので40代の男性が仕事終わりに遊びに行く機会も多そうです

[ 2015-12-01 ]

カテゴリ: デリヘル体験談

風俗店をお探しなら東京都池袋で人気の【人妻紹介センター】