疑惑の風俗体験集
フリースペース
 >  > 甘く見るな、高級デリヘルの採用基準

甘く見るな、高級デリヘルの採用基準

高級デリヘルは言わずもがな、一般的なデリヘルの採用基準とは比べ物になりません。その差は雲泥の差と言ってもいいほどだと思われます。高級デリヘル店の採用基準は変な話ですが、限られた女性しか採用されません。差別とか贔屓ではなく、高級デリヘルが求める基準が高すぎる為、並な女性では到底働くことは叶いません。では高級デリヘルでは何が重要なのか。それは容姿とスタイルに付きます。まず外見で判断されるので、その基準を満たしていなければ面接すら行いません。風俗店も暇ではないので面接しても良いと思える女性で無い限り時間を割いてはくれません。高級デリヘルのサイトを見て分かるように、容姿端麗でスタイルが抜群に良い方しかいません。一般的なデリヘル店のサイトを見ると容姿やスタイルの差は一目瞭然です。さすがに一般のデリヘル店が高級デリヘル店に敵うはずがないのです。スポーツで例えるなら優秀な能力を持っている選手を多く擁しているのが高級デリヘルで並な能力、または並よりも少し秀でている選手を擁しているのが一般デリヘル店だとすると個々人の能力差が大きすぎて敵いません。選び抜かれた選手で構成しているチームと有志だけで集まったチームではやはり限界があります。その差が出てしまっているがために一般デリヘル店は高級デリヘル店には敵わないのです。高級デリヘル店では容姿やスタイルの基準をクリア出来たら採用、というわけではないのです。ここからが一番厳しい面接になるのです。高級デリヘル店で行われる面接は実は一流企業と同じくらい難しいと言われています。高級デリヘル店と一流企業で共通している部分があります。それは立ち居振る舞い、言葉遣いの審査です。一般企業でもそれら2つは必ず見られており、採用基準にもなっていますがその求められる基準が高いのが一流企業と高級デリヘルが共通している部分になります。そのほかは業種が違うので求める人材像が違うので全く異なったものになるでしょう。ですが、根本的には立ち居振る舞いや言葉遣いからなる雰囲気を見ているのでそれらは簡単に教育できるものでもなく、付け焼刃で身に付くものではありません。今までの人生経験や育ちが影響してくる部分で日常的に無意識に出てきてしまうものなので改善や修正するなんて事は非常に困難です。そういった経験からなるものが構築された人間で無い限り、高い採用基準はクリア出来ないのです。人間性と言ってしまうとかなり抽象的な言葉になってしまいますが、社会的に見て誇れる人間でなければいけないということです。容姿端麗、スタイル抜群であっても人間性が良くなければ採用は見送られます。この点に関してはどこの企業でも同じです。まずは一般常識をクリア出来ていなければ、どこの企業もその人間は欲しがらないでしょう。風俗だからと甘く見て面接に行くのは大きな間違いです。特に高級デリヘルは別格と言うことを肝に免じて自分を磨いた上で挑戦してみてはいかがでしょうか。

[ 2015-11-29 ]

カテゴリ: デリヘル体験談

東京の高級デリヘル【W STYLE】